オゾンの効果とマイナスイオンの効果

オゾンの効果とマイナスイオンの効果

オゾンと最近良く耳にするイオンについてお話したいと思います。

新型コロナウィルスの世界的流行により、除菌・抗菌といった商品が数多く売られています。

その中で空気清浄機はホコリや塵など除去はしますが、ウイルス菌といったものに対しての効果はどうなのか?また除菌性能に根拠はあるのか?といった疑問が残ります。

今回の新型コロナもそうですが、ウイルス感染の大半は口から出る飛沫など空気感染によって移り感染していくことが、今回の新型コロナの引き起こした世界的な感染拡大によって皆さんご存知のことと思います。

このウイルス菌にたいして単なる空気清浄という事ではなく、低濃度のオゾンにより殺菌や消毒に大きな効果をもたらすことが立証されています

このことは愛知県名古屋の藤田医科大学様や奈良県立医科大学様の実験結果でその効果が証明され NEWS でも報道されています。

そして最近の健康意識の高まりもあり、マイナスイオンが搭載された家電品が多く販売されています。

このイオンにはプラスとマイナスの二つのイオンが存在します。

プラスイオンは人体を老化させ、食品などの劣化を促進してしまいますが、マイナスイオンは水素(水など)と結合することで人体の老化を防ぎ、食品などの劣化を防ぐ効果があります

名前通りプラスとマイナス、まったくの逆の相反する作用があります。

プラスイオンは化学物質が含まれる新素材が使用されたり、排気ガスなど二酸化炭素などの排出により徐々に大気中に多く含まれるようになり、このことから人体や食品などモノの酸化が進んでいます。

この害のあるプラスイオンを減らしてくれる対局にあるのがマイナスイオンなのです。

その効果は細胞の酸化防止・血液を浄化し循環を高める・血圧降下・花粉症やハウスダストなどのアレルギーの改善・森林浴のようなリラックス効果による体内改善・カビ発生防止・空気の汚れや塵を吸着する浄化や消臭効果など様々な効果が期待できます。

川や滝の近くに行くとそのような自然環境がもたらす交感神経に働くような効果を体感するかと思います。

人は酸素がないと生きることはできません。ですがこの空気中の酸素を呼吸という形で体内に取り込んだけで他のモノと合体し活性酸素に変化して、長年自然と蓄積されることで体内細胞が錆び老化をはじめ癌細胞が増えたり、色々な疾患に繋がることにもなったりします。

生きるのに必要な酸素であるのに様々な病気に繋がる要因にもなる活性酸素ですから本当に困りものです。

しかしながら、プラスイオンの負の性質を改善するために陽の性質を持つ高濃度マイナスイオンを多量に発生させることで空気を中和することが出来ます。それによって生活環境の改善には大変有効な手段です。

出典:玉川大学工学部寺沢充夫教授著/中沢紀子著 残された治療への道『マイナスイオン療法の威力』より

 

お問合せ

ご相談や、ご質問、製品に関することなど気になることがございましたらお気軽にご連絡ください

お問い合わせはこちらから